ぶたやま(武蔵新城)でラーメンを食べた感想と流れ

今回は、ぶたやま(武蔵新城)でラーメンを食べた感想と流れをお伝えします。

ぶたやまとは?

ぶたやま。

二郎系ラーメン店。

今回は神奈川県の武蔵新城駅から5分ほど歩いたぶたやま(武蔵新城)で食べてきました。

(ぶたやまの公式サイトはこちら)

ぶたやま(武蔵新城)での流れ

  1. 店に入る。
  2. 食券を購入する。
  3. 席に座る。
  4. 食券を渡す。
  5. 料理がくる。
  6. 食べる。

以上となります。

店を入った入口付近に券売機があるので、先に食券を購入します。カウンター席のみなので、カウンター席に座ります。店員が聞いてきたら食券を渡します。食券を渡す時に、にんにくなしか聞かれました(その時にかためなど伝える)。

水やコップはセルフサービスです。ティッシュは前になく、券売機の上にありました。レンゲと箸が席の前あたり、水容器も少しあります。料理が来たら食べます。

食べ終わったら、ラーメン丼、コップなどをカウンターの上に乗せて、私は『ごちそうさまです』って挨拶して店を出ました。

ぶたやま(武蔵新城)で食べた感想

値段は普通で、個人的に普通です。私はラーメン豚増しにとろとろ味玉をトッピングして食べました。

スポンサーリンク

味は個人的に甘く感じて、焼き肉のタレみたいに感じました。しょっぱい味が好みの場合、合わない可能性があります。チャーシューはやわらかくはなかったです。量は多そうに見えましたが、意外と食べられました。

私が食べていたときは一人も女性客はいませんでした。店員の対応が丁寧ですが、二郎系ラーメンは女性にとって入りづらいのかもしれません。

店の広さは広くはないです。私の場合、日曜日の夜7時40分くらいに行ったときは人は3人いて、その後も少し人はいました。

欠点は、ないです。

少し前ですが私が食べたものを載せます。

ラーメン豚増し(とろとろ味玉をトッピング)

ラーメン豚増し(とろとろ味玉をトッピング)

お腹いっぱいです。

おわりに

武蔵新城駅で二郎系ラーメンを食べたいけど、どこにしよう?って迷っているなら検討してほしい店です。

この記事が少しでも役に立ったら嬉しいです。

スポンサーリンク